PD「ポストコロナに向けての観光地域の再生戦略(9/7)」を日本建築学会大会で開催します

2021年度の日本建築学会において、2021年9月7日13時から、以下の内容で、パネルディスカッション(PD)「ポストコロナに向けての観光地域の戦略」を開催いたします。

都市計画部門―パネルディスカッション
ポストコロナに向けての観光地域の再生戦略

日時2021年9月7日(火)13:30〜17:00第3室
司会 伊藤弘(筑波大学)
副司会 山崎嵩拓(神戶芸術工科大学)
記録 永野聡(立命館大学)

1. 主旨説明 岡村祐(東京都立大学)
2. 主題解説
 ①コロナ禍における観光地域の取り組み 佐野浩祥(東洋大学)
 ②事例報告1)山口県⻑門湯本温泉 木村隼斗(⻑門湯本温泉まち株式会社)
 ③事例報告2)三重県鳥羽市 江崎貴久(海島遊⺠くらぶ)
 ④オーバーツーリズムから学ぶ持続可能な観光地域 阿部大輔(龍谷大学)
 ⑤ポストコロナを見据えた観光政策 片山敏宏(観光庁)
 ⑥若者の観光への意識から見る観光地域再生の可能性 ⻄川亮(立教大学)
3. 討論 川原晋(東京都立大学)+上記登壇者
4. まとめ 永瀬節治(和歌山大学)

 新型コロナにより未曾有の危機に直面している国内観光地域は、近隣からの誘客に注力するマイクロツーリズム、リモートワークを活用し働きながら余暇を取るワーケーション、ICT技術を活用したバーチャル観光など、試行錯誤が続けられている。一方、旅行促進政策が奏功し全国的には国内旅行者数は戻りつつある。この一連の動きは、産業としての観光の重要性は勿論のこと、生活者にとっての観光(=非日常生活圏での余暇活動)の意義が再確認された。

 本PDを企画する「持続可能な観光地形成小委員会」は公⺠連携論、地域マネジメント論、政策論等を視座として、都市・地域計画と観光事業の融合を目指した「地域観光プランニング」の詳細化・実装化に関する研究を進めてきた。また、過度な観光地化=オーバーツーリズムに直面する観光地域のマネジメントに関する知見を蓄積してきた。SDGsも含めて、このような観光地域の持続可能性に関する議論が熱を帯びてきたさなか起きたのが、新型コロナのパンデミックである。

 そこで本PDでは、観光地域の最前線に立つ⺠間事業者や我が国の観光政策の舵取り役である観光庁担当者に登壇頂き、最新情報を提供するとともに、計画学の立場からwith/postコロナにおける観光地域再生に向けて、①観光地域の現場で実際何が起きているのか、②国や地域がどのような戦略を持ちながら「復旧期」の取り組みを行っているのか、③観光の概念がいかに再構築されていくのか等の点について議論したい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。